フランチャイズビジネス・独立開業・起業用語集

A-Z

Franchise

JFA(Japan Franchise Association)

open account system

royalties

supervisor

あ行

売上総利益

  • 売上総利益(うりあげそうりえき)とは
  • 売上総利益=売上金額-売上原価
    粗利益とも呼ばれる。小売業の場合、売上原価とは仕入原価である。

オープンアカウント(open account system)

  • オープンアカウント(おーぷんあかうんと)とは
  • 主にコンビニエンス業界で使われている方法で、フランチャイズ加盟店が毎日の売り上げを本部の指定する口座に送金し、仕入れ代金やチャージロイヤリティ)などを引いて残りを加盟店に戻す方式。加盟店は残額から人件費・水道光熱費オープンアカウントについてくわしく読む

か行

加盟店

  • 加盟店(かめいてん)とは
  • フランチャイズシステムにおいて、フランチャイズ本部からブランドや経営ノウハウを借りて、開業や経営のサポートを受ける個人または法人のこと

ぎまん的顧客誘引

  • ぎまん的顧客誘引(ぎまんてきこきゃくゆういん)とは
  • フランチャイズ本部が加盟店の募集するときに、虚偽もしくは誇大な表現で加盟店を募集し不当に勧誘すること

協業避止義務

  • 協業避止義務(きょうぎょうひしぎむ)とは
  • 一定の者が、自己または第三者のために、その地位を私的に利用して、営業者の営業と競争的な性質の取引をしてはならない義務のこと。フランチャイズや代理店においては、契約期間中または解約後も定められた期間中、同業または契約で定められた範囲内の業種、定められた地域での営業をしてはならないというもの。本部の秘密やノウハウなどが漏れて本部の事業に悪影響が出ないように制限しています。

原状回復

  • 原状回復(げんじょうかいふく)とは
  • 国土交通省のガイドラインでは「賃借人の居住・使用によって発生した建物価値の減少のうち、賃借人の故意・過失・善管義務違反・その他通常の使用を超えるような使用による損耗・毀損を復旧すること」と定義されています。建物は時間の経過により価値が減少するので、借主が契約に定められた使用法に従い、社会通念上通常の使用方法で使用していればこうなるというような状態ならば、使用開始当時の状態よりも建物の状態が悪くなったとしてもそのまま家主に返還すればよいということになります。

さ行

ザ・フランチャイズ

  • ザ・フランチャイズ(ざ・ふらんちゃいず)とは
  • 経済産業省と日本フランチャイズチェーン協会が公開しているデータベースで内容は各チェーン本部ごとの事業概要や契約内容(加盟金、経営、指導、契約の期間・更新・解除など)ザ・フランチャイズについてくわしくはこちら

最低保証制度

  • 最低保証制度(さいていほしょうせいど)とは
  • 主にコンビニエンスフランチャイズで採られている制度で、総売り上げ利益からロイヤリティを引いた金額が一定額に達しない場合に、その差額を本部が補償するという制度。加盟店の収入はそこから人件費や営業経費を引いた額となります。

スーパーバイザー(supervisor)

  • スーパーバイザー(すーぱーばいざー)とは
  • 本部に籍を置いて、加盟店などを複数の店舗などを受け持って、監督・指導を行う役割の人のことで、各店舗のオーナーや責任者に指導や教育を行って成果を挙げるサポートをする。
    コンビニエンスの場合は、POSレジ等からのデータを利用して戦略とか改善、指導などで売上を挙げさせるアドバイス・サポートをする。呼び方はチェーンによってまちまちです。

総売上利益額

  • 総売上利益額(そううりあげりえきがく)とは
  • 総売上額から仕入額を引いた額、粗利のこと

損益計算書(Income Statement, Profit and Loss Statement)

  • 損益計算書(そんえきけいさんしょ)とは
  • 略称P/L 複式簿記という財務会計の手法によって作成される財務諸表のひとつ。その会社の一定期間の収益と費用の状態を表し、貸借対照表と共に株主や債権者などが会社の財務などの会社の状況を見るのに役立つ。

た行

貸借対照表(Balance sheet)

  • 貸借対照表(たいしゃくたいしょうひょう)とは
  • バランスシート(B/S)とよばれ、複式簿記という財務会計の手法によって作成される財務諸表のひとつ。その会社の資産、負債、純資産等を状態を表し、損益計算書と共に株主や債権者などが会社の財務などの会社の状況を見るのに役立つ。

棚卸ロス

  • 棚卸ロス(たなおろしろす)とは
  • 商品の棚卸額と実際の在庫が会わない場合の不足分で、原因は主に万引き、レジ操作ミス、内部不正など

チャージ(charge)

  • チャージ(ちゃーじ)とは
  • コンビニエンス業界で使われる用語でロイヤリティのこと

中小小売業振興法

  • 中小小売業振興法(ちゅうしょうこうりぎょうしんこうほう)とは
  • 中小小売業者の経営の近代化の促進や中小小売業の振興により経済の発展に寄与することを目的とする法律。
    この中には、特定連鎖化事業(フランチャイズチェーンのこと)の本部は、加盟店の契約時に本部の事業概要や契約の詳細などを開示しなければならないとされる条項がある。開示しなければならない項目は中小小売商業振興法における開示項目についてくわしく読む

テリトリー権

  • テリトリー権(てりとりーけん)とは
  • フランチャイズ契約において、既存加盟店と同じ商圏に、フランチャイズ本部が、同業種もしくは類似業種の直営店や新たな加盟店を出店することを禁止する権利

特定連鎖化事業

  • 特定連鎖化事業(とくていれんさかじぎょう)とは
  • 法律用語でフランチャイズチェーンのこと

な行

日本フランチャイズチェーン協会(Japan Franchise Association)

は行

廃棄ロス

  • 廃棄ロス(はいきろす)とは
  • 販売している商品が、期限切れや不可抗力による破損、腐敗などで廃棄すること、またその金額。このロスによる負担は加盟店にあるため、期限切れ直前に見切り販売して訴訟沙汰になった例がある。外食業でも生物を扱っているので廃棄ロスを出さない努力が求められるし、小売業でも残品が出れば全て廃棄ロスとなる。コンビニエンスストアでロイヤルティの算出根拠としての廃棄ロスをめぐる訴訟があり、注目を集めた。

複式簿記(Double-entry bookkeeping system)

  • 複式簿記(ふくしきぼき)とは
  • 一般的に簿記というとこの複式簿記のことをさす。会社のすべての取引を仕分けという手法で取引の内容により借方と貸方に振り分け、借方・貸方に同じ金額を記載してゆく。手順はとても複雑になるが会社全体の資金の収支や財産・損益の状況を判断するのにとても役立つ。

フランチャイザー

フランチャイジー

フランチャイズ(Franchise)

  • フランチャイズ(ふらんちゃいず)とは
  • ある事業者がある業種で、努力して成功を収めた後、ほかの個人や法人が、そのブランドや経営ノウハウを借りてサポートを受けながら開業・経営するシステム。フランチャイズについてくわしく読む

フランチャイズパッケージ

  • フランチャイズパッケージ(ふらんちゃいずぱっけーじ)とは
  • フランチャイズ本部が契約によって加盟店に提供されるシステムパッケージのこと。経営・営業ノウハウやブランド(称号や商標、店名など)、さーびす、商品、サポートなど

ブランディング(branding)

  • ブランディング(ぶらんでぃんぐ)とは
  • 企業価値を向上させるために、ブランドの価値を高めるための行為、戦略。

ブランド(brand)

  • ブランド(ぶらんど)とは
  • もともとはマーケティングの世界の用語で、アメリカ・マーケティング協会によると、⇒個別の売り手もしくは売り手集団の財やサービスを識別させ、競合他社の財やサービスと区別するための名称、言葉、記号、シンボル、デザイン、あるいはそれらを組み合わせたもの。
    具体的には、主に社名や店名、文字や図形で具体的に表現された商標などをいいます。

本部

  • 本部(ほんぶ)とは
  • フランチャイズシステムにおいて、加盟店にブランドや経営ノウハウを貸し出し、開業や経営のサポートをしてゆく事業者(フランチャイズ本部)のこと

ま行

見切り販売

  • 見切り販売(みきりはんばい)とは
  • 賞味期限が近づいた弁当や生鮮食品などの商品を値引きして売る行為のこと

無店舗販売

  • 無店舗販売(むてんぽはんばい)とは
  • 店舗を構えずに販売する営業様式で、屋台、通信販売、巡回・訪問販売、カタログ販売、インターネット販売等がこれに当る。フランチャイズ事業方式として加盟店を募集する場合には、サービス業フランチャイズに多く見られ、投資額が少ないというメリットがある。

モデル収支

  • モデル収支(もでるしゅうし)とは
  • 本部が加盟希望者募集で事業の収益性を説明する際に提示する、収入と支出の標準的な例のことで、加盟を判断するための情報の一つだが、実際は規模も立地も人材の質も個々に違うので、あくまでも目安である。

や行

優越的地位濫用

  • 優越的地位濫用(ゆうえつてきちいらんよう)とは
  • 加盟店はフランチャイズ本部より不利な立場にあるため、必要な限度を超えて加盟店が不利益をこうむるような要請等を本部が行っても、加盟店は受け入れざるを得ない場合を言う。
    たとえば加盟店にとってほかにいい業者がいるのに本部の指定業者からの仕入れやサービスの強要したり、返品が認められないのに実際に必要な範囲を超えて仕入れ量を指示したり、商品の見切り販売を制限して廃棄せざるを得なくなるようにするなどなど…

ら行

ロイヤリティ(royalties)

  • ロイヤリティ(ろいやりてぃ)とは
  • フランチャイズ本部からブランドや経営ノウハウを借りて、サポートを受けながら継続的に営業してゆくときの、対価として加盟店が本部に継続的に支払う金銭のこと。算出方法はそれぞれのフランチャイズによって様々。固定額、総売上額の○○%、総利益額の○○%など。

ロイヤルティ

ロジスティックス(logistics)

  • ロジスティックス(ろじすてぃっくす)とは
  • 経済において、原材料調達から生産・販売に至るまでの物流を企業が効率的・効果的にするための仕組み。具体的には情報システムを活用してメーカー、卸、小売業、物流業者などが連携しながら、在庫数を把握し受発注を簡略化したり、輸送コストを最小限に抑える方法を検討する。流通チャネル全体の最適化を目指す戦略的物流システムの構築を従来の物流と区別している。

わ行

googlead336


公開日:

googlead336

no image
「フランチャイズでカフェ・飲食店開業」開店資金と利益は?(インフォグラフィック)

以前の記事「どのくらい儲かる?一目でわかるカフェ・飲食

no image
揚げ物

何年か前に書いた記事ですが、考えさせられることが書いてあるので、再度ア

no image
どのくらい儲かる?一目でわかるカフェ・飲食店の利益と開店資金【グラフィック】

フランチャイズで開業の場合はこちら カフェ  居酒

no image
飲食店の開業資金はいくら必要?飲食店は儲かる?試算してみた。

開店のための資金計画 開店までの資金計画 物件を取

no image
失敗しない菓子パンの作り方-チョココロネの成型法-

今回は、フランチャイズとは直接関係がありませんが、菓子パンの成

→もっと見る

    PAGE TOP ↑