カーシェアリングのフランチャイズビジネス 

公開日: : 最終更新日:2014/06/23 サービス業, 自動車関連 ,

[ad336]
 カーシェアリングとは車1台を複数の人が共同で利用するシステムで、1980年代後半スイスでクルマを利用したいが、「利用回数が少ないので買うつもりはない/知人同士が1台の車を乗り回す仕組み」から始まったのが最初で、ヨーロッパで急速に広まり、1990年代には次第にアメリカでも市場を拡大してきました。日本国内でも2006年の規制緩和から急激に拡大を続け、4年前には7万人ほどだった会員数が2014年1月には前年の60%増の46万人となっています。
 日本の市場は、爆発的な普及を遂げたスイスに普及した背景や環境条件が似ていることからスイスと並ぶカーシェア大国になっていくことが予想されます。
 日本国内のカーシェアリング市場の急成長が続いています。ここ5年間でなんと50倍の成長です。

出展 交通エコロジー・モビリティ財団

 世界的に見てみると日本の会員数46万人はアメリカに次ぎ2位につけていますが、国民総人口当たりの率にしてみるとどうでしょう。カーシェアリングの歴史の古いスイスがダントツで1.3%となっているが、日本では0.37%とやっとアメリカ・カナダなどと肩を並べるくらいです。

出展 交通エコロジー・モビリティ財団

 スイスでカーシェアリングが始まったのは1987年。「クルマを利用したいが、利用回数が少ないので買うつもりはない」と考えていた人たちが、共同出資で2台のクルマを購入したのが始まりです。この協同組合形式でクルマを共有する仕組みは、次第にスイス全土に広がりました。
 その後、複数の組合が併存しつつ会員数は増加し続けましたが、1997年複数の組合を統合する形でモビリティ・カー・シェアリング社が誕生。1つの組合になったことで、会員はスイス国内のどこに行ってもモビリティ社のクルマを利用できるようになり、利便性が飛躍的に増しました。
 今では会員数10万5000人、車両数2650台にまで拡大し、欧州最大のカーシェアリング会社に成長しました。
 スイスのカーシェアリングが他の国のカーシェアリング市場に比べて、国民70人に一人がモビリティ社の会員というくらい、会員比率が特出しているのは歴史が古いと言うほかにもこんな背景があるのではないでしょうか?
  1. 鉄道などの交通機関が全土に発達していて、車への依存度が低い
  2. 国土が狭いために週射場の確保が難しい。
  3. 成熟した先進国で、車をステータスとして所有する意識が薄くなっている。
どうでしょう?日本の現状と似ていませんか?
ということは日本もスイスと並ぶカーシェアリング大国になる可能性が高いと言えるのではないでしょうか。

そのカーシェアリングをフランチャイズ化した企業があります。
カーシェアリングFCのアース・カーが日経MJに掲載されていたので紹介します。
2014/4/11付 日経MJ(Nikkei Marketing Journal)の記事より
アース・カー(東京・千代田)はフランチャイズチェーン(FC)方式で事業を展開する。FC事業者に車や駐車場を用意してもらい、同社は予約や会員認証システムを提供する。オーナーは車種を自由に選べ、車種は業界最多の83種。キャンピングカーやオープンカーなども取り揃えているのが特徴だ。
4月には料金体制を改訂し、FC事業者が自由に利用料金を設定できるシステムにした。多くのFC事業者は料金を据え置きか値下げした。料金自由化で利用者を増やすとともにFC事業者も伸ばして車種をさらに充実させる考え。
以下は2011年に掲載されていたデータです。現在は内容が変わっているかもしれませんが、ホームページで確かめてください。
概要カーシェアリングとは車1台を複数人で共同利用するシステムです。
月3,000円程度の会費を払って、15分単位で数百円からマイカーのように利用できることで、欧米では急速に市場を拡大しています。
車社会のアメリカでは、最大手 Zipcar が40万人の会員を集めるなどエコ意識の高まりを背景に急速に普及しています。
日本でも2006年の規制緩和から徐々に拡大成長を続けてきましたが、2010年には前年の5倍の約3万人に急激に会員が増えています。
市場規模は2010年で10億円。今後たいへん期待されるビジネスです。
特徴
  1. 開業しやすい
    車1台、33万円で自宅で一人で始められる。
  2. 高収益
    モデル月間収益は約30万円×台数
  3. 積み上げビジネス
    リピーター獲得に悩む必要がない。
  4. 資金繰りがラク
    仕入の必要がない。
応募種別個人法人
自己資金200万円(車両取得費込み)
ロイヤリティ【固定】ソフトウェア等利用料: 2万円
【変動】売上に応じ
契約期間3年
年齢不問
兼業あり
募集エリア全国
会社株式会社アース・カー
電話03-6812-2288


現在、株式会社アース・カーのカーシェアリングFCビジネスに関しては、詳しい内容はHPでは確認できませんでしたので、もし興味がありましたら、資料請求して見てください。

googlead336

関連記事

no image

世界的工具ブランドスナップオンの工具の販売:スナップオン・ツールズ

世界的工具ブランドスナップオンの工具の販売:スナップオン・ツールズスナップオンツールズは90年前から

記事を読む

no image

携帯電話ビジネスの総合代理店

収益実績170万円。携帯電話ビジネスの総合代理店。副業も歓迎!携帯・デコ・通話料・買取り複数の収入源

記事を読む

no image

トータルカーサービス:中古車販売

トータルカーサービス:中古車販売中古車ビジネスに経験がなくてもOK!独立を強力サポート!TCSフラン

記事を読む

no image

BCCコンパニオンフランチャイズ

この他のサービス業関連の募集情報はこちら⇒サービス業

記事を読む

no image

愛車広場カーリンク:法人限定FC加盟店募集

愛車広場カーリンク:法人限定FC加盟店募集概要車を売りたい客様にとって何かと評判の悪い車買取と違って

記事を読む

no image

JUC(日本中古車情報センター

JUC(日本中古車情報センター)中古車オークション代行で圧倒的にNo1!加盟実績900店舗以上今まで

記事を読む

no image

トータルリペア/エクステリアリペア

自宅で開業!鈑金で修理すると多大な費用がかかるボディの小さなキズを、「早く」「安く」「手軽に」修復す

記事を読む

no image

板金塗装のファブリカ

板金塗装のファブリカ板金塗装のファブリカ自動車板金の熟練のプロ「修理工場ネットワーク」と、板金塗装修

記事を読む

no image

トレードカービュー

トレードカービュー概要副業・サイドビジネスも可能!月額5万円から始める、中古車輸出ビジネス!パソコン

記事を読む

no image

中古車買取販売ガリバー

中古車買取販売ガリバーガリバーでは買い取ったクルマを在庫として抱えることがありません。買い取ったクル

記事を読む

googlead336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

googlead336

no image
「フランチャイズでカフェ・飲食店開業」開店資金と利益は?(インフォグラフィック)

以前の記事「どのくらい儲かる?一目でわかるカフェ・飲食

no image
揚げ物

何年か前に書いた記事ですが、考えさせられることが書いてあるので、再度ア

no image
どのくらい儲かる?一目でわかるカフェ・飲食店の利益と開店資金【グラフィック】

フランチャイズで開業の場合はこちら カフェ  居酒

no image
飲食店の開業資金はいくら必要?飲食店は儲かる?試算してみた。

開店のための資金計画 開店までの資金計画 物件を取

no image
失敗しない菓子パンの作り方-チョココロネの成型法-

今回は、フランチャイズとは直接関係がありませんが、菓子パンの成

→もっと見る

    PAGE TOP ↑